【62】大雪次候 第六十二候「熊蟄穴(くまあなにこもる) 」

【62】大雪次候
第六十二候「熊蟄穴(くまあなにこもる) 」新暦12月12日~12月15日 頃
熊が冬眠のために穴に入る

植物 葱(ねぎ)

藪椿(やぶつばき)

牡蠣(かき)
動物
行事など 正月の事始め:

正月の準備を始める。松を取りに行く松迎えなど。

薮椿は古くから鑑賞や椿油の活用などで愛されてきた。(花言葉は謙遜・美徳・完璧

葱(ねぎ)は体にいいとされる野菜の代表。(花言葉は愛嬌・笑顔・くじけない心

関連記事

  1. 【35】大暑次候 第三十五候「土潤溽暑(つちうるおいてむしあつし)」 …

  2. 【19】立夏初候 第十九候「鼃始鳴(かわずはじめてなく)」

  3. 【20】立夏次候 第二十候「蚯蚓出(みみずいずる)」

  4. 【44】白露次候 第四十四候「鶺鴒鳴(せきれいなく)」

  5. 【4】雨水初候 第四候「土脈潤起(つちのしょううるおいおこる)」

  6. 【7】啓蟄初候 第七候「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」

  7. 【8】啓蟄次候 第八候「桃始笑(ももはじめてさく)」

  8. 【45】白露末候 第四十五候「玄鳥去(つばめさる)」 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。