【56】立冬次候 第五十六候「地始凍(ちはじめてこおる) 」

【56】立冬次候
第五十六候「地始凍(ちはじめてこおる) 」新暦11月12日~11月16日 頃
大地が凍りはじめる

植物 ほうれん草

茶の花

毛蟹(怪我に)
動物
行事など 七五三:

数え年で男の子は3、5歳、女の子は7歳の節目で成長を祝う。

十六団子の日:

春に山から里に降りてきた田の神様を十六団子でもてなし、

今度は山に帰る神様を同様に見送る。

ほうれん草の別名は「冬薬」で、冬の代表的な野菜。(花言葉は活力・健康

茶の花は茶の湯でも好まれた白い五枚花弁の花。(花言葉は追憶・謙遜・純愛

関連記事

  1. 【58】小雪初候 第五十八候「虹蔵不見(にじかくれてみえず) 」

  2. 【7】啓蟄初候 第七候「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」

  3. 【46】秋分初候 第四十六候「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ…

  4. 【30】夏至末候 第三十候「半夏生(はんげしょうず)」

  5. 【41】処暑次候 第四十一候「天地始粛(てんちはじめてさむし)」

  6. 【5】雨水次候 第五候「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」

  7. 【48】秋分末候 第四十八候「水始涸(みずはじめてかるる)」

  8. 【20】立夏次候 第二十候「蚯蚓出(みみずいずる)」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。