【56】立冬次候 第五十六候「地始凍(ちはじめてこおる) 」

【56】立冬次候
第五十六候「地始凍(ちはじめてこおる) 」新暦11月12日~11月16日 頃
大地が凍りはじめる

植物 ほうれん草

茶の花

毛蟹(怪我に)
動物
行事など 七五三:

数え年で男の子は3、5歳、女の子は7歳の節目で成長を祝う。

十六団子の日:

春に山から里に降りてきた田の神様を十六団子でもてなし、

今度は山に帰る神様を同様に見送る。

ほうれん草の別名は「冬薬」で、冬の代表的な野菜。(花言葉は活力・健康

茶の花は茶の湯でも好まれた白い五枚花弁の花。(花言葉は追憶・謙遜・純愛

関連記事

  1. 【10】春分初候 第十候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」

  2. 【38】立秋次候 第三十八候「寒蝉鳴(ひぐらしなく) 」

  3. 【4】雨水初候 第四候「土脈潤起(つちのしょううるおいおこる)」

  4. 【24】小満末候 第二十四候「麦秋至(むぎのあきいたる)」

  5. 【36】大暑末候 第三十六候「大雨時行(たいうときどきふる)」

  6. 【19】立夏初候 第十九候「鼃始鳴(かわずはじめてなく)」

  7. 【49】寒露初候 第四十九候「鴻雁来(こうがんきたる) 」

  8. 【23】小満次候 第二十三候「紅花栄(べにばなさかう)」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。