【9】啓蟄末候 第九候「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」

【9】啓蟄末候
第九候「菜虫化蝶(なむしちょうとなる) 」新暦3月15日~3月19日頃
青虫が孵化して蝶になる

植物 葉わさび

かたばみ

青柳(貝)
動物 やまとしじみ(蝶)
行事など 十六団子:

3月16日は、田の神様が山から降りてくるのを団子でもてなす。

春のお彼岸:

ぼた餅を食べると先祖供養になると言われている。春は牡丹の花にちなみ「ぼた餅」、秋は萩の花にちなみ「ぼた餅」と呼び名が変わる。

 

かたばみは家紋になるなど親しまれれている花。(花言葉は、母の優しさ・あなたを捨てない

夢虫は蝶のことで魂のシンボル。この時期によく見かける。

関連記事

  1. 【48】秋分末候 第四十八候「水始涸(みずはじめてかるる)」

  2. 【55】立冬初候 第五十五候「山茶始開(つばきはじめてひらく)」 

  3. 【53】霜降次候 第五十三候「霎時施(こさめときどきふる)」 

  4. 【1】立春初候   第一候「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」

  5. 【64】冬至初候 第六十四候「乃東生(なつかれくさしょうず) 」

  6. 【29】夏至次候 第二十九候「菖蒲華(あやめのはなさく)」

  7. 【4】雨水初候 第四候「土脈潤起(つちのしょううるおいおこる)」

  8. 【51】寒露末候 第五十一候「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。