【8】啓蟄次候 第八候「桃始笑(ももはじめてさく)」

【8】啓蟄次候
第八候「桃始笑(ももはじめてさく) 新暦3月10日~3月14日頃
桃のつぼみがほころび花が咲き始める

植物 新玉ねぎ

桃(もも)

さより、ほたるいか
動物
行事など 春日祭:

3月13日に奈良の春日大社で行われる。

 

桃は桃太郎などの昔話に代表されるように強い邪気払いの力や霊力があるとされている。豊かさの象徴でもある。(花言葉は恋の奴隷・辛抱・忍耐・長命

この時期の雪解け水を「桃花水」とよ呼ぶ。

玉ねぎはその生命力の強さから、古代エジプトから活用されている。(花言葉は不死

関連記事

  1. 【38】立秋次候 第三十八候「寒蝉鳴(ひぐらしなく) 」

  2. 【22】小満初候 第二十二候「蚕起食桑(かいこおきてくわをくう)」

  3. 【45】白露末候 第四十五候「玄鳥去(つばめさる)」 

  4. 【59】小雪次候 第五十九候「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)」

  5. 【7】啓蟄初候 第七候「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」

  6. 【15】清明末候 第十五候「虹始見(にじはじめてあらわる)」

  7. 【25】芒種初候 第二十五候「蟷螂生(かまきりしょうず) 」

  8. 【50】寒露次候 第五十候「菊花開(きくのはなひらく) 」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。