【16】穀雨初候 第十六候「葭始生(あしはじめてしょうず) 」

【16】穀雨初候
第十六候「始生(あしはじめてしょうず) 」新暦4月20日~4月24日 頃
水辺の葦が芽を出し始める

植物 新ごぼう

チューリップ、葦牙(あしかび)

鯵(あじ)
動物
行事など

チューリップ(花言葉は思いやり・名誉・正直など

ごぼう(花言葉は私に触れないで・いじめないで・人格者・用心

葦牙は葦の新芽のこと(花言葉は深い愛情・従順・不謹慎など

「春眠暁を覚えず」

長い冬を終え、朝の訪れが早まるといわれるのはこの時期のこと。

関連記事

  1. 【40】処暑初候 第四十候「綿柎開(わたのはなしべひらく)」

  2. 【31】小暑初候 第三十一候「温風至(あつかぜいたる)」

  3. 【63】大雪末候 第六十三候「鱖魚群(さけのうおむらがる)」 

  4. 【47】秋分次候 第四十七候「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」 …

  5. 【26】芒種次候 第二十六候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) …

  6. 【50】寒露次候 第五十候「菊花開(きくのはなひらく) 」

  7. 【20】立夏次候 第二十候「蚯蚓出(みみずいずる)」

  8. 【52】霜降初候 第五十二候「霜始降(しもはじめてふる)」 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。