【3】立春末候 第三候「魚上氷(うおこおりをいずる)」

【3】立春末候
第三候「魚上氷(うおこおりをいずる) 新暦2月14日~2月18日頃
割れた氷の間から魚が動き始める

植物 明日葉(あしたば)
岩魚(いわな)、イトヨリ
動物 目白(めじろ)
行事など バレンタインデー

谷汲踊(たにぐみおどり)岐阜県の豊作祈願の祭り。

明日葉(花言葉は旺盛な活動力)は、今日刈り取っても明日には葉が出てくる生命力の強さを表すと言われている。

目白(めじろ)を見つけると縁起が良いと言われる。2羽仲睦まじく群れをなすので、「目白押し」などの言葉がある。

関連記事

  1. 【32】小暑次候 第三十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」

  2. 【20】立夏次候 第二十候「蚯蚓出(みみずいずる)」

  3. 【43】白露初候 第四十三候「草露白(くさのつゆしろし) 」

  4. 【18】穀雨末候 第十八候「牡丹華(ぼたんはなさく) 」

  5. 【51】寒露末候 第五十一候「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」 

  6. 【38】立秋次候 第三十八候「寒蝉鳴(ひぐらしなく) 」

  7. 【30】夏至末候 第三十候「半夏生(はんげしょうず)」

  8. 【24】小満末候 第二十四候「麦秋至(むぎのあきいたる)」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。