【35】大暑次候 第三十五候「土潤溽暑(つちうるおいてむしあつし)」 

【35】大暑次候
第三十五候「土潤溽暑(つちうるおいてむしあつし) 新暦7月28日~8月1日 頃
土が湿気を帯びとても蒸し暑い

植物 枝豆(えだまめ)
穴子(あなご)
動物
行事など 八朔:

朔日=1日。旧暦の8月1日のこと。

その頃取れる早稲の種をお世話になっている人に贈る。

枝豆(えだまめ)は、未成熟な大豆を収穫したもの。疲労回復に良い。

花言葉は「必ず訪れる幸福」「親睦」

関連記事

  1. 【43】白露初候 第四十三候「草露白(くさのつゆしろし) 」

  2. 【9】啓蟄末候 第九候「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」

  3. 【40】処暑初候 第四十候「綿柎開(わたのはなしべひらく)」

  4. 【36】大暑末候 第三十六候「大雨時行(たいうときどきふる)」

  5. 【1】立春初候   第一候「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」

  6. 【20】立夏次候 第二十候「蚯蚓出(みみずいずる)」

  7. 【7】啓蟄初候 第七候「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」

  8. 【62】大雪次候 第六十二候「熊蟄穴(くまあなにこもる) 」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。