【59】小雪次候 第五十九候「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)」

【59】小雪次候
第五十九候「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう) 」新暦11月27日~12月1日 頃
北風が木の葉を吹き払う

植物 白菜(はくさい)、ほうれん草

八手(やつで)

かます
動物 翡翠(かわせみ)
行事など

八手は「天狗羽団扇」とも呼ばれる。葉は7〜9に分かれるが、縁起の良い8とされている。(花言葉は分別・親しみ・健康

白菜も冬の鍋物として親しまれている。 (花言葉は固い約束

関連記事

  1. 【11】春分次候 第十一候「桜始開(さくらはじめてひらく)」

  2. 【71】大寒次候 第七十一候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」

  3. 【50】寒露次候 第五十候「菊花開(きくのはなひらく) 」

  4. 【19】立夏初候 第十九候「鼃始鳴(かわずはじめてなく)」

  5. 【17】穀雨次候 第十七候「霜止出苗(しもやんでなえいずる)」

  6. 【10】春分初候 第十候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」

  7. 【68】小寒次候 第六十八候「水泉動(しみずあたたかをふくむ) 」

  8. 【23】小満次候 第二十三候「紅花栄(べにばなさかう)」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。