【59】小雪次候 第五十九候「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)」

【59】小雪次候
第五十九候「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう) 」新暦11月27日~12月1日 頃
北風が木の葉を吹き払う

植物 白菜(はくさい)、ほうれん草

八手(やつで)

かます
動物 翡翠(かわせみ)
行事など

八手は「天狗羽団扇」とも呼ばれる。葉は7〜9に分かれるが、縁起の良い8とされている。(花言葉は分別・親しみ・健康

白菜も冬の鍋物として親しまれている。 (花言葉は固い約束

関連記事

  1. 【8】啓蟄次候 第八候「桃始笑(ももはじめてさく)」

  2. 【6】雨水末候 第六候「草木萌動(そうもくめばえいずる)」

  3. 【51】寒露末候 第五十一候「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」 

  4. 【55】立冬初候 第五十五候「山茶始開(つばきはじめてひらく)」 

  5. 【32】小暑次候 第三十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」

  6. 【3】立春末候 第三候「魚上氷(うおこおりをいずる)」

  7. 【47】秋分次候 第四十七候「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」 …

  8. 【26】芒種次候 第二十六候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。